:::

Top >> 格納庫 >> 1/100 素組 格納庫 >> マスターグレード F91 素組 仮組み [MG F91 no.04]

マスターグレード F91 素組 仮組み [MG F91 no.04]

MG F91 素組 仮組み 素立ち
マスターグレードF91の仮組みをこんぷりーと。
全体的な印象だけど、肩の面が広くてバランス的に大きすぎるかな。
あと、細かい部分では、成型色の配置が設定と違う部分が結構あります。
・・・が、これは間違いなくF91でありますな。カッコイイでありますョ〜。


マスターグレード F91 素組 仮組み 背面
背面の情報密度もメリハリが利いて、立体感もヨシ。

MG F91 素組 仮組み ラフレシア
スタンドのラフレシアもシンプルなパーツ構成ながら、造形として面白く仕上がっていますヨ。
ただ、ラフレシアってスケールとしてはもっと大きいハズ。写真としてみるとあまり分からないですが、実物を見ると印象よりも小ぶりかも。スケールモデルというよりは、オブジェとして捉えるのが正解かもね。

マスターグレード F91 素組 仮組み MG HGUC 初代ガンダム RX-78-2 対比 比較
「MG ガンダム Ver.ONE YEAR WAR 0079」「HGUC ガンダム」との対比。
ちょうど中間の大きさ。大きすぎず小さすぎずでイイカモ。

マスターグレード F91 素組 仮組み フル装備マスターグレード F91 素組 仮組み ヴェスバー構え
ビームランチャーがヴェスバーよりもゴツくて強そうですな。
ヴェスバーもかなりダイナミックに動いて楽しい。ガシュン!シャキン!とか楽しく遊べますヨ。
大河原設定のF91のテイストをもう少し残しても良かったかも。
もう少し足首パーツは肉厚でも良かった。

MG F91 素組 旧パッケージ絵 ポーズ
内部フレームの稼動範囲が広く、すべての装甲パーツをつけてもポージングの自由度が高く、これまでのMGよりもよく動きます。1/100F91の旧パッケージのポーズだってこのとおり。ビームシールドの発生部分の「画としてのウソ」なんかが明らかになったりして面白い。
ただ、頭部の稼動範囲はかなり制限されていしまう。もう少し上向きにできると飛行姿勢なんかが、かっこよく決まるハズ。
あと、これまでのモデルでは、ポーズ付けする時によくある、関節を動かそうとすると意図しないところの可動部もつられて動いたりして「イラッ」と来ることがあるけど、このモデルは、各部の関節の硬さがバランスが取れていて、ポーズ付けしやすいと感じた。

 
【記事テーマのキット、関連アイテム】
MG 1/100 F91 (ガンダムF91)
1/100 ガンダムF91 
 
【今後注目のガンダムアイテム】
エクセレントモデル RAHDX G.A.08 ラクス・クライン
エクセレントモデル RAHDX G.A.09 フレイ・アルスター
エクセレントモデル RAHDX G.A.10 カガリ・ユラ・アスハ

MG 1/100 クロスボーンガンダムX-1 ver.Ka

   

トラックバック

: 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

関連エントリー

マスターグレード F91 素組 仮組み [MG F91 no.04] マスターグレード F91 気を付けたいパーツ [MG F91 no.03] マスターグレード F91 フレームを組んだゾ [MG F91 no.02] マスターグレード F91 ゲット! [MG F91 no.01] 1/100 インフィニットジャスティスガンダム