:::

EXTENDED MS IN ACTION !! RX-78-2 ガンダム

exmia-rx78-01.jpg

exmia-rx78-02.jpg
初期のMIAは、「テカテカ塩ビに色を塗りました」というのがロコツに分かってしまう完成度で、すでにプラモデルをリアルに仕上げる事に親しんだ世代にとっては微妙なアイテムだったというのが率直なところ。ところが最近の物、特にこれは「Extended」というだけあって表面の質感やグラデーション塗装など、 ぱっと見に同じ素材でできているとは思えない位の進化がうかがえる。
中空のガンプラとは違って塩ビ素材のムク成形なので、小振りながらもズッシリとした感触がどこか新鮮。
ただ、大量生産品だけあって、パーティングラインが残っていたり、塗りがあまい部分もあるので、どうしても気になるようなら追加加工やリタッチで直してやるのも手。

exmia-rx78-03.jpg
設定された可動範囲の広さはもちろんの事、塩ビの柔軟性のお陰で多少のムリなら利くので、劇中で見られたほぼすべてのポーズが取れてしまうイキオイ。
特に足首の可動範囲が広く、接地性がバツグンなので、かなり思い切ったポージングでも不自然に見える事が少ない。
手首はいちど持ち手が太い武器を握らせてしまうとそれに馴染んで、もとの細いものを持たせた際にホールドできなくなるので注意。特にシールドを握らせる手首は、他の物を握らせないようにしたほうが賢明。塩化ビニールは柔らかい分クセが付きやすく、形状が戻りにくい事を覚えておくといいかもしれない。
足の裏まで部位ごとの質感を感じさせる塗装がなされている。特にバーニアの金属っぽいテカリなんか・・イイカモ。

“脇の下からビームライフル”ポーズもかなりイイカンジ。
exmia-rx78-04.jpg
「零方向に熱源!!ミサイルではありません!!」
「し、白いヤツだ・・・」
「ガンダムだ・・・。」
「落とせ!何としてもヤツを近づけさせるな!!」

・・・とかセリフを脳内反芻しながら、ポージングをつけて楽しむのが正しいあり方というもの。

武器も手首も豊富。グフの両手溶断パーツや、ザクっ鼻千切れアタマが付いているところもカユイところに手が届いたイイ配慮。
長年の習性として、ガンプラを買って来れどもなかなか作れないという“同志諸君”は少なくないと聞く。
作らないままのタンス格納が分かっているキットを買うより、こういった壊れにくい完成品をゲットして、時間を集中して心ゆくまでイジリ倒す事で、お小遣いを節約する・・・というのも一つのスタイルかもしれない。
(このようなデキアイのアイテムで満足してしまうというのもどこか釈然としない部分も・・・)
シアワセな悩みは尽きない・・・。
 





Copyright (C) 2006 Ma2as Meister some rights reserved.